So-net無料ブログ作成

10月28日(日)2018年度第2回年輪の会研修会だった。 [研修会]

 10月23日(土)明日は第2回研修会なので、持って行くものの用意をチェックした。


持って行かなくてはならないものは、以外に多い。会場の使用許可書、研修会の


要旨、スライド原稿(パワーポイント原稿)、デジタルカメラ、芳名帳、筆記具、講師謝礼、


領収書等である。それから講師の先生に謹呈する「2017年度年輪の会文集」も持って行った。


 10月24日(日)研修会当日、7時30分ごろ昼食用のおむすびを3人分買いに行った。


11時30分自宅を出て会場のスクエア荏原に向けて、副会長のKさんと自転車で行った。


会場のスクエア荏原に到着して、中会議室の液晶プロジェクターの施設使用料を支払い


部屋の鍵を貸してくれる時間、12時50分まで弁当を食べるなどして待った。


講演は和田明先生で、13時過ぎから始まった。テーマは「高齢精神障害者の精神医療」


で、「生活できる経済」、「障害福祉サービスと介護保険」、


「高齢精神障害者の地域生活を支える社会資源」、


「自立支援医療(精神科デイケア、訪問介護)と介護保険サービス」、


については専門家であるケースワーカーに相談してもらう方が良いと講演された。


次の「精神障害を持つ人の体の健康」、については専門家である医師の立場から詳しく説明された。


精神障害を持つ人の体の健康の問題については平均寿命の短縮の問題が指摘されている。


精神疾患の人は糖尿病を始め心血管系疾患や脂質異常症などの身体合併症を併発することが


多い。フィンランドの集団の長期追跡調査では、抗精神病薬の投与、更に多剤併用大量投与により


心血管系疾患による死亡のリスクが高いなると報告されている。抗精神病薬は、大量投与で


誤嚥性肺炎を引き起こし易く、三環系抗うつ薬でも心臓に対する影響が問題とされている。


抗精神病薬の身体的副作用はメタボリックシンドロームと心血管系副作用がある。


神経伝達物質であるセロトニンやヒスタミンの遮断では、体重増加、耐糖能異常、脂質代謝異常


を引き起こし、これがメタボリックシンドロームとなり、ひいては心血管系の副作用につながっていく


と考えられる。抗精神病薬の投与量がクロルプロマジン換算で1000mg /day以上になると、


QTc延長という不整脈の一種が生じ易くなる。


「高齢者への薬物の使用」高齢者への薬物の使用については投与量をなるべく少量にすることのほかに、


高齢者が服用する機会の多い身体疾患の治療薬との併用の際に留意すべきことが指摘されている。


高血圧治療薬、心臓病治療薬、抗血栓治療薬などの併用。


また、向精神薬の服用が転倒の危険を増す事が知られている。


抗精神病薬、抗不安薬(ベンゾジアゼピン)、三環系抗うつ薬


などで、これらの服用が転倒リスクを2〜3倍増やすと言われている。


「加齢による脳の変化」脳の重量は30代、40代をピ-クとして順次減少します。


血流量で見ると、20代以降緩やかに漸減していきます。加齢に伴って物忘れ


が生じますが、それは認知症では無く良性老人性物忘れ(良性年齢依存性記憶障害)


です。認知症は病的な脳の神経細胞の脱落の結果おこるもので、正常な老化現象とは


区別されます。病的な脳の変化には神経細胞の変性脱落によるアルツハイマー病、


レビー小体病、前頭・側頭型認知症が有ります。他方、血管性認知症では神経細胞


の脱落は二次的で血管の変化により梗塞や出血が起きる結果、神経細胞が二次的に


脱落するものです。認知症が生活の上で問題となるのは認知症の中核症状である記憶障害


ではなく、周辺の心理行動症状です。此れをBPSDと呼んでいます。妄想・興奮・徘徊


などの事です。


「高齢者のせん妄とうつ」せん妄は軽い意識障害で、意識がぼんやりとした状態で、


意識障害の他に幻覚、妄想、不穏興奮などの精神症状を認めることが多く、認知症


に合併して出現する場合も多い。うつ病は高齢者に多い病気で、抑うつ感、思考・


行動の抑制感、睡眠障害、身体不調感などが出る脳内の神経伝達物質にアンバランス


が生じた結果、心と体の両方の症状がでる病気です。


*非常に分かり易く且つフレンドリーに講演して頂いた。感謝致します。


16名参加。



DSC_1982.JPG
10/25の夕食。
NikonD7500+AF-S DX NIKKOR 16-80mm F2.8-4E ED VR(内臓フラッシュ使用)
DSC_1985.JPG
10/26の夕食、爺の好きなカキフライ。
DSC_1990.JPG
10/28第2回研修会、講師:和田 明先生
DSC_1998.JPG
同上。
DSC_2001.JPG
講演の様子

宜しければ続きをご覧下さい。


タグ:研修会
nice!(50)  コメント(2) 
共通テーマ:健康

9月2日(日)は2018年度年輪の会第1回研修会だった。 [研修会]

 9月2日(日)は2018年度年輪の会第1回研修会だった。


テーマは「高齢精神障害者の精神保健・福祉について」


講師:特定非営利活動法人よりどりみどり みどり工房吉本 恵氏


①介護保険制度について


訪問系サービス ・訪問介護・訪問看護・訪問入浴介護・居宅介護支援等


通所系サービス ・通所介護・通所リハビリテーション等


短期滞在系サービス ・短期入所生活介護等


居住系サービス ・特定施設入居者生活介護・認知症共同生活介護等


入所系サービス ・介護老人福祉施設・介護老人保健施設等


②日常生活支援総合事業/地域権利擁護事業について


*実施主体:都道府県・指定都市社会福祉協議会


      窓口業務等は市町村の社会福祉協議会等で実施


*本事業に基づく援助の内容は、次に掲げるものを基準とします。


  ・福祉サービスの利用援助


  ・苦情解決制度の利用援助


  ・住宅改造、住居家屋の貸借、日常生活上の消費契約及び住民票の届出等の


   行政手続きに関する援助等


*上記に伴う援助の内容は、次に掲げるものを基準とします。


  ・預金の払い戻し、預金の解約、預金の預金の預け入れの手続等利用者の日常生活


   費の管理(日常的金銭管理)


  ・定期的な訪問による生活変化の察知


③成年後見人制度


       認知症、知的障害、精神障害などの理由で判断能力の不十分な方々は、


  不動産や預貯金などの財産を管理したり、身の回りの世話の為に介護などの


  サービスや施設への入所に関する契約を結んだり、遺産分割の協議をしたり


  する必要があっても、自分でこれらのことをするのが難しい場合があります。


  また、自分に不利益な契約であってもよく判断ができずに契約を結んでしまい、


  悪徳商法の被害にあうおそれもあります。このような判断能力の不十分な方々


  を保護し、支援するのが成年後見人制度です。


   成年後見人制度は、大きく分けると、法廷後見制度と任意後見制度の


  2つがあります。


   また、法廷後見制度は、「後見」「保佐」「補助」の3つに分かれており、


  判断能力の程度など本人の事情に応じた制度を利用できるようになっています。


   法定後見制度においては、家庭裁判所によって選ばれた成年後見人等


 (成年後見人・保佐人・補助人)が、本人の利益を考えながら、本人を代理して


  契約などの法律行為をしたり、本人が自分で法律行為をするときに同意を与えたり


  本人が同意を得ないでした不利益な法律行為を後から取り消したりすることにによって、


  本人を保護・支援します。



DSC_1701.JPG
9/2研修会、頭のリラクゼーション体操。


DSC_1712.JPG
講演中の吉本氏


DSC_1717.JPG
9/2は近所の祭礼だった。爺の町会の神輿が行く。
Nikon D7500+AF-S DX NIKKOR 16-80mm F2.8-4E ED VR
DSC_1718.JPG
同上。女性の担ぎ手もかなり多い。

宜しければ続きをご覧下さい。


タグ:研修会
nice!(20)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

9月2日と10月28日の研修会の準備。8月11日(土)会報等、研修会のお知らせ等の封入・発送作業だった。 [研修会]

 台風が去って、又酷暑が戻って来た。熱い中,秋のイベントの企画の準備


をしなければならい時期になった。それぞれの研修会のお知らせパンフを作り、


8月11日(土)年輪の会役員4名が事務局(爺の自宅)に集まり、


68通の封入・発送作業を行った。宣伝の為会員外の方にも郵送した。


但し先月から郵便局本局に爺がとても暑い中自転車で持って行かなけれればならなくなった。


DSC_1631.JPG
ハゼランの葉が成長して来た。
Nikon D7500+Tamron SP AF 60mm F2 DiⅡ LD MACRO 1:1
DSC_1634.JPG
可憐なピンク色の花を咲かせた。3時花との言われる様に午後3時を過ぎないと開花しない。
DSC_1639.JPG
蟻が蜜を吸いに来ている。
DSC_1641.JPG
同上。
DSC_1668.JPG
小さいがピンク色でとても可愛い花で有る。

宜しければ続きをご覧下さい。


nice!(19)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

3月4日(日)年輪の会2017年度第5回研修会だった。3月6日(火)品川区障害者団体登録証が更新されたので受け取りに行く。 [研修会]

 3月4日(日)年輪の会2017年度第5回研修会だった。


講師を含めて17名集まった。講師は荏原保健センター臨床心理士飯塚伸一氏


詳細は年輪の会HPをご覧下さい。


 3月6日(火)午前中ホームヘルパーさんが来宅。午後、品川区障害者団体登録証


の更新が出来たと言うので、品川区役所障害者福祉課に取りに行った。







DSC_2332.JPG
3/4年輪の会研修会、司会をする広報委員のHさん。
Nikon D500+AF-S DX NIKKOR 16-80mm F2.8-4E ED VR+SB-400
DSC_2333.JPG
講演する飯塚伸一氏。
DSC_2337.JPG
抗精神病薬について。
DSC_2344.JPG
デイケアの参加者について。
DSC_2352.JPG
デイケアのハイパーピンポンを行っているところ。(スタッフ)

宜しければ続きをご覧下さい。


nice!(16)  コメント(4) 
共通テーマ:健康

2月4日(日)は年輪の会2017年度第4回研修会だった。報告-1。2月7日(水)内科通院。 [研修会]

 2月4日(日)は年輪の会第4回研修会だった。


此の処非常に寒かったが、2/4は少し暖かった。


 2月5日(月)広報委員のHさんが来宅して、年輪の会の仕事を行ってくれた。


 2月7日(水)近所のYクリニック内科を受診した。血圧測定は130/80mmHg


で正常範囲内だった。次に1/9に採血した。検査結果を教えて貰った。


GOT/AST:20,GPT/ALT:23,LDH:150,γ-GTP:37,


HDL:56,LDL:122,T-G:102,UA:7.9(少し高い、晩酌のビールの為だと思われる。)


腎機能、CRE:0.70mg/dl,血糖:92mg/dl


血球数には異常は無かった。処方は前と同じ。


ニフェジピンCR錠40mg「日医工」   朝食後1錠


ニフェジピンCR錠20mg「日医工」          夕食後1錠


 薬屋のマスター(薬剤士)に1/9の血液検査の尿酸値が少し高いと報告したら、


ビールはプリン体が高いので、ウイスキーや焼酎の様な蒸留酒を約4倍に希釈


して、飲むと良いと教えてくれた。


 その後、食料品の買い物に行き、お金が無かったが、


シーバスリーガル、ミズナラスペシャル(下記の写真)を購入した。







P2040003.JPG
広報委員のHさんの司会で爺が最初の挨拶をした。
OLYMPUS OM-D E-M5 MarkⅡ+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
DSC_1969.JPG
講師の東京つくし会副会長の植松和光氏
Nikon D500+AF-S DX NIKKOR 16-80mm F2.8-4E ED VR+SB-400
DSC_1971.JPG
年輪の会の皆様 こんにちは!
DSC_1974.JPG
障害者基本法について
DSC_1975.JPG
障害者基本法-2

宜しければ続きをご覧下さい。


nice!(17)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

1月26日(木)は11月5日(日)に予定していた研修会のスクエア荏原会場の抽選会だった。 [研修会]

 1月26日(木)は、今年11月5日(日)に予定されていた2017年度第3回

年輪の会研修会の会場の抽選会の為に、K副会長と自転車でスクエア荏原に

行った。9:30より抽選会が有り、11/5PM1:00~17:00中会議室を押さえる

事が出来た。6月18日(日)実施予定の年輪の会2017年度講演会のテーマも含めて、

先生方にメールした。その結果、11月5日(日)2017年度第3回年輪の会研修会の講師

には、福島県立医科大学 会津医療センター 精神医学講座 准教授 國井泰人先生が

来て下さる事に成った。

 1月28日夜、風呂に入った時に自分のお腹を見たらポッコリお腹に成っていた。

此の処、冬で寒く、暗いのでMTBに拠るサイクリングを休んで居た為、お腹に脂肪が

ついてしまったのだ!

 1月29日(日)上記の理由から此の処少し寒さも和らいだので、

MTBに拠る早朝サイクリングに行ってみた。行先は何時もの清水池公園である。

久し振りに清水池公園に行くと、何時も居るおじさんに会った。

カワセミの写真を見せて貰った。

DSC_0846.JPG

                     早朝の清水池公園シャッター速度が遅い為に微妙にブレている。

                     Nikon D500+AF-S DX NIKKOR 16-80mm F2.8-4E ED VR

DSC_0847.JPG

                  同上。

宜しければ続きをご覧下さい。


タグ:研修会
nice!(17)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

7/19プラネタリウム観望会のお知らせ。11/8 2015年度第3回年輪の会研修会のお知らせ [研修会]

 しながわすまいるネットの年輪の会HP

http://genki365.net/にお知らせします。

7/19プラネタリウム観望会

http://genki365.net/gnks16/mypage/mypage_sheet.php?id=48560

11/8 第3回年輪の会研修会:講師:福島県立医科大学特任教授 丹羽真一先生

講演テーマ「やさしい統合失調症の自己管理」

場所:品川区荏原保健センター多目的室

http://genki365.net/gnks16/mypage/mypage_sheet.php?id=48580

6月4日インターネットのアマゾンから下記の2冊の書を購入した。

双極性障害―躁うつ病への対処と治療 (ちくま新書)

双極性障害―躁うつ病への対処と治療 (ちくま新書)

  • 作者: 加藤 忠史
  • 出版社/メーカー: 筑摩書房
  • 発売日: 2009/01
  • メディア: 新書


 本当は加藤先生のツイッターに出ていた、最新版6版が欲しかったのだが、未だ5版

しか出版されていなかった。それでも今まで4版しか読んでいなかったので

為に成った。


研修医・コメディカルのための精神疾患の薬物療法講義

研修医・コメディカルのための精神疾患の薬物療法講義

  • 作者: 功刀 浩
  • 出版社/メーカー: 金剛出版
  • 発売日: 2013/06/03
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 双極性障害の治療薬である気分安定薬の章は加藤忠史先生が執筆している。
DSC00200.JPG

                   5/4の夕食のビールの肴、常陸野ホワイトエールhttp://kodawari.cc

                                          SONY α7+SONY FE 28mm F2

DSC00203.JPG

                               鰹のたたきが加わり夕食のおかずと成った。

宜しかったら続きをご覧下さい。


nice!(39)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

11月2日第3回年輪の会・ノーチラス会合同研修会が開催されました。 [研修会]

 11月2日,10時30分年輪の会事務局(自宅)から

4人で、研修会で使用する機材(液晶プロジェクター,

カメラ2台,パソコン)会場である、荏原第1集会所に運んだ。

13:10~16:10第3回年輪の会・ノーチラス会合同研修会が開催された。

参加人数12名。先回の研修会に比べて、約半分の参加者で有るが、今回は

品川区の精神障害者の保健・福祉の話なので、どうしても参加者が限定されて来るのは

致し方ないと想う。年輪の会は品川区の精神障害者当事者会なので、どうしても、地域

(品川区)の精神・保健関係者を主に講師に呼びたい。

 今回の講師は、品川区精神障害者地域生活支援センター「たいむ」施設長今井和子氏

保健師の資格が有る。平成23年4月より社会福祉法人福栄会

「品川区精神障害者生活支援センター」施設長。

研修会講演要旨

・生活支援センターたいむの役割について

    ―主に①相談支援②地域活動支援センター事業

・品川区の精神保健福祉の現状について

    他自治体と比較すると福祉サービス支援は少ない!

・精神障害の特性と現状について―啓発で偏見を無くしていく。

計画相談支援について―趣旨と目的・実際

・社会資源について~有効に活用を~

・事例の紹介

    就労移行支援に繋がった男性の例

    ホームヘルプ支援を受けながら自立を目指す女性

 パワポ原稿スライドが多く、講演の時間が意外に長く、

一体どの点を特に強調したいと言う事が少し分かりにくかったが、

休憩を挟んでの参加者との活発な質疑応答は非常に為に成った。

PB020003.JPG

             講師の品川区精神障害者地域生活支援センター「たいむ」施設長今井和子氏

         OLMPUS OM-D E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO で撮影。

PB020004.JPG

                           品川区の精神保健福祉の概要

PB020015.JPG

        講演中の今井氏(+1の露出補正をしたので、液晶プロジェクターの画面は飛んでしまっている)

PB020018.JPG

        聴講するノーチラス会理事長鈴木映二先生と奥様、向かって右は、家族会会長池田温雄氏

PB020019.JPG

                               他の聴講の方々

PB020020.JPG

                              質問される鈴木先生

     以上、全てOLMPUS OM-D E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO で撮影。

続きを読む


タグ:研修会
nice!(19)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

9月7日は年輪の会・ノーチラス会合同研修会だった。 [研修会]

 9月7日は年輪の会・ノーチラス会合同研修会だった。

此れまでの研修会で一番の講師を含めて32名の参加が有った。

講師は医療法人山口病院(川越)精神科部長奥平智之先生である。

精神科に於ける多剤・大量療法の弊害が指摘される中、

漢方薬を用いて、BZ系睡眠薬・抗不安薬を減量して行く方法が講演された。

 ただ、例えば双極性障害の治療・再発予防に使用されているリチウムの様な

気分安定薬の様な薬の代用には漢方薬は成らないと言うお話で有った。

P1030439.JPG

        研修会の受付中:Panasonic DMC-GH3+LEICA DG SUMMILUX 15mm F1.7 ASPH.

P1030441.JPG
次第に聴衆が集まって来た。
P1030442.JPG
更に聴衆が集まる。
P1030444.JPG
司会をする国際医療福祉大学熱海病院精神科教授鈴木映二先生
P1030445.JPG
講師の医療法人山口病院精神科部長奥平智之先生

続きを読む


タグ:研修会
nice!(26)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

7月6日は、第1回年輪の会・ノーチラス会合同研修会であった。 [研修会]

P7060194.JPG

 7月6日は、第1回年輪の会・ノーチラス会合同研修会の日で有った。

年輪の会、ノーチラス会員の他、双極性障害の当事者を抱える家族等

 計22名が集まった。講師は群馬県太田市で双極性障害の息子さんを自死で亡くされ、

絶望から立ち直り自死(殺)予防活動を精力的に展開する藤田玲子さん。

 詳細は省略するが、精神疾患の中でも自殺率が一番高い双極性障害の自死(殺)予防

と言う非常に重要かつ重いテーマについてノーチラス会の理事長であり向精神薬の

薬物動態学の権威で精神科医の鈴木映二先生を交えて活発に討論されました。

特に鈴木先生の提起した、BZ系睡眠薬、抗不安薬の安易な処方に拠る依存性から、

自殺衝動が惹起される事は、或いは双極性障害の当事者に処方される

SSRIに拠るActivation syndromeの問題は、

若年層のみとは言えないのではないかと考えられる。

研修会の後の討論会は非常に為に成った。

J Wings (ジェイウイング) 2014年8月号

J Wings (ジェイウイング) 2014年8月号

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: イカロス出版
  • 発売日: 2014/06/21
  • メディア: 雑誌


 航空自衛隊と米海軍空母団とCVW-5の特集。

研修会の受付の机に並んだ資料類
OLYMPUS OM-D E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED 12-80mm F2.8 PRO
P7060193.JPG
講師の藤田さんと総合司会者の爺
P7060194.JPG
開会の挨拶をする爺
P7060195.JPG
同上
P7060197.JPG
P7060197.JPG
講演される藤田玲子さん
P7060198.JPG
会場の質疑応答に答えるす鈴木映二先生

続きを読む


タグ:研修会
nice!(36)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康