So-net無料ブログ作成
ビアカウンセリング ブログトップ

10月28日は年輪の会事務局に賛助会員の方が当事者の息子さんと共にピアカウンセリングに来られた。10月29日は、妻が腰痛で [ビアカウンセリング]

 10月28日午後から年輪の会の賛助会員の方が、当事者の息子さん

を連れて、年輪の会事務局(我が家)にピアカウンセリングに訪れた。

 ピアカンの内容については、此処では守秘義務が有るので申し上げられないが、

爺と妻とで約3時間程度真摯に対応させて頂いた。爺のピアカンでは、

要望があれば、普通のピアカンでは行っていない、精神科医の紹介、

(此れを爺はピアコーディネーターと呼んでいるのだが)も行っている。

 10月29日は、妻が腰痛の為にS大病院整形外科を受診した。

10/26のレクレーション時にも腰痛が有ったのだが、10/29の朝、妻が痛くて堪らない

と言うので、朝、9時から11/2の研修会の講師謝礼の封筒と中に入れる領収書

を副会長のKさんに代筆して貰い(二人共に向精神薬の副作用で手が震えてしまい

文字が書けないのだ!)その後、タクシーでS大病院整形外科に行った。

 以前、妻が整形外科にかかったのは、肋骨と鎖骨の骨折だったのだが、

腰痛での受診の為に初診扱いに成った。そして腰椎のX線撮影検査

を受けたが、妻は遅発性ジスキネジア・ジストニア症状が有り、X線撮影

に非常に時間が掛かった。更に結果を聞くにも時間が掛かった。

 漸く、正午を過ぎてから、初診担当のドクターの診察室に呼ばれた。

幸いX線撮影の結果は、骨は異常が無いことで、腰痛は筋肉と筋違いに拠るもので、

痛み止めの湿布薬と飲み薬が処方された。

ロキソプロフェンNaテープ100mg「科研」10cm×14cm(1日1回)

ロキソプロフェン錠60mg「EMEC」 朝・晩食後1錠づつ(処方は1日3回だが、

精神科で処方されているLi濃度が上がる為、一日2回にした)

ランソプラゾールOD錠15mg 朝食ご1錠

 10月30日は妻のS大病院泌尿器科の通院日だったが、

妻が腰痛の為に、爺が代理で自転車で通院した。

 泌尿器科の外来でかなり待たされたが、若い医局員のドクターに現在の妻の状況を説明した、

処方されたベタニスが無くても、状態は良く、尿失禁が少なく成った事を伝えた。

今度、調子の悪く成った時に近くのS泌尿器科への紹介状を書いて貰い、

2週間分のベタニスを処方して貰った。

ベタニス錠50mg

 以下にレクレーション時、爺が撮影した写真を掲げる。

DSC_0023.JPG

                レクレーションの写真(2) 新更新塚停留所で8800形が通り過ぎた。

                         Nikon D750+AF-S NIKKOR 20mm F1.8G ED

DSC_0030.JPG
乗車した8800形都電
DSC_0032.JPG
熊野前で都電を降りる。
DSC_0034.JPG
熊野前で降りて、都電を観る。
DSC_0038.JPG
舎人ライナーは無人で運転されており、ホームと車両は安全上ガラスで隔てられているので、旨く撮影出来ない。

続きを読む


nice!(31)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康
ビアカウンセリング ブログトップ