So-net無料ブログ作成
検索選択

3月4日精神科の通院日だった。 [精神科通院]

 3月4日(土)精神科の通院日だった。妻と何時もの様にRメンタルクリニック

に行く。かなり待ったが、主治医のK先生に診察室に呼ばれた。

始めは、妻の問診だった。K先生は妻に尋ねた「今も鬱っぽいですか?」

妻が答えた「夫が居る場合は、それ程鬱とは感じないのですが、留守の時は、

何もする気がしないで、布団の中で寝てしまいます。」

爺が補足した「私が買物をして来た食材で料理を作る事はしています。」

「昨年の夏、胸椎12番圧迫骨折に成った原因は、遅発性ジストニアに拠る

ものと思われ、秋に私が年輪の会のレクレーションで不在の時に、歩行不能

に陥ったのも、ジストニアの性で有り、昨年の忘年会の時も歩行困難を来したのも、

やはり遅発性ジストニアによるものと考えます」とK先生に言った。

 K先生は「複合的な要因で鬱状態に成っているのですね。然し今の処

エビリファイよりも良い薬がないので、このままの処方で行きます。

それと先回採血測定したLi血中濃度は0.28Eq/dLでこの時は、リーマスが200mg/day

だったので、1錠にしてはかなり高いので、Liの腎排泄能が低下している可能性が有るので、

先回からリーマス200mg→100mgした効果を診たいので、再度採血させて下さい」

と言われた。処方:

デパケンR錠200mg                  就眠前6錠(1200mg/day)

リーマス錠100mg                   就眠前1錠

エビリファイ錠3mg      朝食後1錠

 次に爺で此の処、年輪の会のイベントで忙しい上に、全精連の監事の仕事も月1回ながらかなり

疲れるとK先生に言った。処方は変わらず。

デパケンR錠200mg                 就眠前6錠(1200mg/day)

リーマス錠200mg                  就眠前3錠(600mg/day)

 爺の2/4に採血したLi血中濃度は0.42mEq/dLだった。維持量としては丁度良い。

P3050008.JPG

  自宅の玄関のシンビジュウムの蕾もかなり大きく成って来た。OLYMPUS OM-D E-M5+

      M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

P3050009.JPG

                   クリスマスローズの花

P3050010.JPG

                 同上。全体像。

P3050011.JPG

               階段の途中の別な鉢のクリスマスローズ。

P3050012.JPG

                 盆栽の木瓜の花も咲きだした。

P3050013.JPG

                 同上。

P3050014.JPG

                同上。

P3050015.JPG

                階段の下から見たクリスマスローズの花。


nice!(21)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 21

コメント 2

yakko

こんにちは。
クリスマスローズ 木瓜の花 綺麗ですね !
by yakko (2017-03-06 15:49) 

bpd1teikichi_satoh

yakkoさん有難うございます。
我が家は猫の額ほどの庭が有りますが、1階部分はアパートとして
貸している為に、階段の途中に鉢を置いてささやかに花を楽しんで
居ります。
by bpd1teikichi_satoh (2017-03-07 09:18) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0